「iDeCo」ようやくスタート!

「つみたてNISA」についてはすぐに口座を開設して積立を始めました。ところが「iDeCo(個人型確定拠出年金)」に関してはすぐには始めませんでした。

理由は単純で、勘違いをしていたからです。 自分の会社は 「企業型確定拠出年金(企業型DC)」を行っており、「マッチング拠出」も導入しています。そして「iDeCo」 の加入資格には「マッチング拠出を実施していない企業型で、規約に『個人型確定拠出年金』に加入できる旨を定めた場合のみ個人型への加入が可能」とあります。これを読んで加入できないものと思い込んでしまったのです。

もう少し詳しく説明すると、自分の会社は「企業型DC」を今から10年程前、これまでの退職金制度から変更して導入しました。管理人はこの時点で役員に就任しており(一応)、会社の規約上「加入対象外」となりました。そのため「企業型DC」には個人として加入していません。「企業型DC」に加入していないのですから 問題なく「iDeCo」に加入できるのですが、自分も会社の他の社員と同様に、加入できないものと理解していました。

ところが今年の春先、会社の総務に何とはなしに確認したところ、加入できると言うではありませんか! そこで証券会社は「マネックス証券」に決め、すぐに申し込みました。そしてようやく7月から「iDeCo」をスタートさせることができたのです。

話は変わりますが、「企業型確定拠出年金(企業型DC)」 について、管理人は少々後悔をしています。会社の重要な福利厚生制度なのですから、役員としてもっと深く勉強するべきでした。今の知識があれば「運用商品の選択」にしても、「資産運用の社員教育」についても、もっと良いアドバイスなり対応ができたはずです。「企業型DC」の運用はあくまで本人が判断するという「自己責任」の原則があることと、自分自身が加入していなかったことで関心が薄くなっていました。

社員の実際の運用状況を確認してみると「元本保証」の商品を選択している社員が約半分いました。 なんともったいないことでしょう。運用商品のラインナップをあらためて見てみると、とんでもなく信託報酬の高い「アクテイブファンド」ばかりです。これでは選ぶ商品がありません。運用商品はすぐにでも見直さなければならないとおもいました。

これまでの反省を踏まえ、そしてこれからの自分自身の資産運用の考え方を、ある程度体系化していきたいとおもい、本ブログを立ち上げました。会社の後輩社員に資産運用の良いアドバイスができるように、今後は「企業型DC」の記事も書いていこうとおもいます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる